カードローンの種類はいくつかあります。

カードローンの種類について説明します。

カードローンとは、基本的に金融機関が発行する無担保融資のことを指します。しかし、現在ではカードを利用して融資が受けられる商品は金融機関以外にも広がっており、カードローンにもいくつかの種類があります。取り扱っている会社が違えば、カードローンの特徴も違ってきます。
そのため、そのそれぞれの特徴を知っておくと、カードローンを利用しようとした際、そのときの自分に最適なカード選びができるようになるでしょう。

 

 

カードローンの種類

 

カードローンには、「銀行系」、「消費者金融系」、「流通・信販系」と、大きくわけて3つの種類があります。それぞれメリットもあればデメリットもあるので、カードローン選びに失敗しないために種類ごとの特徴を知っておくといいでしょう。注目したいのは、借入の上限が年収などの1/3以内に制限される総量規制の対象かどうか金利審査のスピードや通りやすさなどです。

 

 

 

銀行系カードローン

メリット

総量規制の対象外になるため、与信枠を大きく設定できるという特徴があります。消費者のニーズを満たすために、即日カード発行等のサービスも提供されるようになっています。また、多くは金利が低めに設定されており、金額の上限もありません。給与の振込などで使用している銀行だと、金利を優遇してくれる場合もあります。

 

デメリット

審査基準が高めになっており、返済能力等が厳しく審査されます。そのため、他のカードローンよりも審査に時間がかかってしまいます。すぐに借り入れたいときなどには不向きです。

 

銀行系カード発行会社紹介

みずほ銀行カードローン:便利なカードローンみずほ銀行カードローン

 

最短で即日借入ができるため、急な入用でも利用しやすくなっています。また、大手銀行ということもあり、借入に関しても安心感が高いと人気です。他行に比べると借入限度額が高いのも魅力です。

 

 

 

 

りそなプレミアムカードローン|金利がお得|りそな銀行りそな銀行カードローン

 

口座を持っていなくても利用できるため、借入に関しての手間が少なくて済みます。金利も比較的低くなっており、全国のATMやコンビニで借入できる点も便利です。

 

 

 

 

オリックス銀行カードローンオリックス銀行カードローン

 

300万以下の利用であれば所得証明書などが必要ないので、初めての方でも利用しやすくなっています。また、提携ATMでは手数料無料で利用できるため、無駄な出費を抑えることができます。

 

 

 

 

レイク公式|キャッシング、ローン、新生銀行カードローン レイク新生銀行カードローン レイク

 

初めての借入なら5万円まで180日間無利息など、お得な無利息ローンを展開しています。返済日をメールで知らせてくれるなどの嬉しいサービスも充実しています。

 

 

 

 

 

 

消費者金融系カードローン

メリット

消費者金融が発行するカードローンは、基本的に無担保となっています。敷居が低いので、アルバイトやフリーターといった低所得者でも定期的に収入があれば借り入れできることが多々あります。また、自動契約機を利用すれば、身分証明書の提示だけでその場でカードが発行されるなど、いざというときの出費を賄うのに向いているカードです。

 

デメリット

流通系と同じく総量規制の対象になりますので、年収の1/3以内など、借入金に限度があります。金利も比較的高めに設定されているため、計画的に利用しないと返済が負担になってしまいます。

 

消費者金融系カード発行会社

キャッシングのアコム|キャッシング、カードローン、融資なら消費者金融のアコムアコム

 

独自の与信ノウハウにより、アルバイトや専業主婦など、さまざまなユーザーに融資が可能です。

 

 

 

 

 

プロミス公式サイト│キャッシング新規お申込みプロミス

 

最短30分で審査が完了するため、急いでいるときにも安心して利用できます。30日間無利息で利用できるサービスを実施しているので、事実上の利息を低く抑えることが可能です。

 

 

 

 

カード申込:カードローン、キャッシング、ローンはモビットモビット

 

最短10秒で審査結果が表示されるという驚異的スピードで申し込みができ、提携銀行の口座を持っている場合はWEBで申し込みから利用までが可能です。10秒審査の結果表示は、事前審査による結果表示となります。

 

 

 

 

 

 

 

流通系・信販系カードローン

メリット

審査にあまり時間がかからず、通りやすいのが流通系のカードローンです。そのため、専業主婦やアルバイトの方でも発行してもらいやすいという特徴があります。また、もともとショッピング用のクレジットカードに付随するサービスとして展開しているものなので、利用するとポイントが溜まるなどお得な特典がある場合もあります。

 

デメリット

注意したいのが金利です。利息制限法の施行により、上限金利に制限は設けられましたが、銀行系のカードローンに比べると金利は高めになります。総量規制の対象になるので、高額融資を受けたいときは他のカードローンを選んだ方がいいかもしれません。

流通系カード発行会社

セゾンカード
海外でもすぐに利用でき、支払い方法が選べる点も嬉しいポイントです。

 

イオンカード
高速道路の料金がお得になったり、提携ショップでのお買い物でポイントが貯まったりと、日常を支える特典が満載です。

 

ファミマTカード
コンビニ「ファミリーマート」でのお買い物がお得にできることはもちろん、Tポイントを貯めることもできます。

 

信販系カード発行会社

オリコカード
女性向けカードローンやスピード申し込み可能なものなど、ユーザーのニーズに合わせてカードが選べます。

 

アメリカンエキスプレス
航空業やホテル手配サービスなどのお得な特典が搭載されており、出張が多いビジネスマンや旅行好きな方に人気です。

 

ライフカード
ユーザーの登録口座に直接融資金が振り込まれるオンラインキャッシングのサービスを展開しており、口座にお金が欲しいときにとても便利です。